【初心者必見】アプデ後各武器の評価まとめ!

Apex Legends

6月30日にAPEXLegendsのアップデートが実施されました!
本ページではアプデ内容とその使用感についてまとめています。

通常のトリオ・デュオモードのマップローテーションが初期のキングスキャニオンと初期のワールズエッジに変更されました!
最近APEXに参戦した方々は未知の領域にドキドキワクワクですね!

キンキャニはスカルタウン、ブリッジ、カスケーズ、サンダードームが復活!

©Electronic Arts

ワールズエッジのフラグメントがキャピトルシティに!

ソース画像を表示

レヴのスパレジェが新登場

コレクションイベントが開催されレヴのスパレジェが登場。
毎度恒例のガチャガチャコンプ(約2万円)にて、無料で獲得できます。(無料とは?)

いやしかし、かっけえ…



各レジェンドの調整

オクタン

ジャンプパットのクールタイムが60秒から90秒に増加
→興奮剤ナーフ後でも最も人気のあるレジェンドであったため、更なる弱体化が施されたようです。

実際の使用感
→ほぼ変わらず。漁りでジャンプパッドを吐きにくくなった。

レヴナント

ヒットボックスが小さくなりました(彼の中央部、腕、上肢)

パッシブのストーカーで登れる範囲が大幅に増加

アビリティの持続時間が20秒から15秒に減少

デストーテムを使用している間ですプロテクションの持続時間が5秒短縮

実際の使用感
→ヒットボックス縮小はぞ個まで気になるほど強くはないかと思います。前がデカすぎたってことですね。
デスプロテクションの持続時間短縮については常に残り時間を意識しないと敵の目の前で切れるなんてこともあり得ます。

ブラッドハウンド

アビリティのスキャン持続時間が4秒から3秒に減少

アルティメットの持続時間が35秒から30秒に減少

実際の使用感
→前提として、このゲームにおいての1秒はすごく重要で長い時間になります。
例えば、リロード時間が1秒長くなるだけですごく不便に感じたり、レヴナントのサイレンスが永遠に解除されなかったり・・・
ぶっちゃけ、かなり痛い弱体化です。
しかし依然として敵の位置が見えるというのは変わらず強力であるため、まだまだランクマッチ環境に残ることが予想されます。


ライフライン

脚と腰のヒットボックスのサイズが拡大

実際の使用感
→ヒットボックス拡大により気持ち被弾が増えた気はしますが、大きくは変わらずです。

各武器の変更点

30-30

発射速度がわずかに増加

チャージ時間を0.5秒から0.35秒に短縮

某クリッピー氏待望の30‐30リピーターがついに強化されました!!
弾速が上がったこの武器で華麗なクリップを量産してもらいましょう! (*私は使いません)

スピットファイア

腰撃ち時の拡散が増加

私も普段から愛用している武器のため、痛い弱体化です。
10メートル以上離れてしまうとほぼ集弾せず、お祈り状態になりますねw

ロングボウ

ダメージが55から60に増加(スナイパーは基本使わないんだよなあ…)

P2020

発射速度が6.25-> 7.0に増加

ベース弾薬を12-> 14から増加

レベル1マガジンを14-> 16から増加

レベル2マガジンを16-> 18から増加

レベル3とレベル4のマガジンを18-> 21から増加

前よりは戦えるようになりましたが、正直弱いです。

その他の調整

ブラッドハウンドのハンティングビースト発動時/オクタンの興奮剤使用時に、視野角が変更される仕様をオフにできるようになりました!

この画面のFOVアビリティ・スケーリングを無効にすることで、視野角を固定することができます。

まとめ

今回のアップデートでランクマッチの環境が変わる可能性はほぼ無さそうです。
オクタンのジャンプパッド弱体化の影響で、漁夫られるケースが少なくなってほしいですね!w

それでは皆さん、良いゲーミングライフを!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました